私たちのくらしと、SDGs その1

SDGs

SDGs(エスディジーズ)ってそもそも何のこと?

出典;国連広報センター

「SDGs」は今、様々な場所で目にする機会が増えたと思います。でもSDGsって簡単にいうとどんなこと? どんなメリットがあるの? 目標がたくさんありすぎてよくわからないな、と思われるかもしれません。

SDGsとは、「サスティナブル・デベロップメント・ゴールズ」で、日本語訳で「持続可能な開発目標」のことです。

この、「持続可能な開発目標」とは、2001年にされた「MDGs(ミレニアム開発目標)」の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された国際目標です。

そこでまず、MDGsの説明をさせていただきます。

SDGsの前身 MDGs(ミレニアム開発目標)とは

MGDsとは、「ミレニアム開発目標」といい、開発分野における国際社会共通の目標です。2000年9月にニューヨークで開催された国連ミレニアム・サミットで採択された国連ミレニアム宣言を基にまとめられました。

産業革命以降、高度成長期等を経て、人々のくらしはそれまでとは大きく変わりました。便利な世の中になった一方で、様々な課題が浮き彫りになりました。もっとも大きな課題とは、

「貧富の拡大」「地球環境の悪化」です。

この課題に対し、2000年から2015年までの15年間で、「地球上から貧困をなくす」という課題設定から、MDGsでは、次のような目標の達成をめざしました。

  1. 極度の貧困と飢餓の撲滅
  2. 普遍的初等教育の達成
  3. ジェンダーの平等の推進と女性の地位向上
  4. 乳幼児死亡率の削減
  5. 妊産婦の健康の改善
  6. HIV/エイズ、マラリアその他の疾病の蔓延防止
  7. 環境の持続可能性の確保
  8. 開発のためのグローバル・パートナーシップの推進

MDGsの取り組みの成果は…?

15年間の取り組みの結果、極度の貧困で暮らす人の数が半数以下に減少したり、栄養不良の人々の割合もほぼ半減しました。また、途上国の初等教育就学率は91%に増加したりと、世界全体で多くの成果がみられました。

しかしその一方で、極度の貧困にいる人々が、南アジアやサハラ以南のアフリカなど限られた地域に暮らしていることや、ジェンダー平等は、いまだ格差が解消されていない等、課題が残されました。

また、MDGsでは達成を求められたのは開発途上国であったため、これに対して開発途上国が先進国に対し、不満をいだきました。先進国が必ずしも「自分事」として捉えていなかったのではないか、という疑問や不信が、生じていたのです。

MDGsの反省をふまえ、解決するためにできたのがSDGs

こうした課題を解決するため、次の15年間は「先進国、途上国の分け隔てなく」目標達成を前提に、SDGsが採択されました。

SDGs「持続可能な開発目標」は、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」で記載された、2016年から2030年までの15年間の国際目標です。

持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

大事なことを挙げていったら、17の目標になった

出典:国連広報センター

最近SDGsを知った皆さんは「目標が17もあるんだ!」と驚いたと思います。こんなにおぼえられないよ、と思う方もいるかもしれません。しかし、ある1つの目標を達成するためには、別の目標も必要なのです。どうやら「大事な事を挙げていったら17になった」ようです。(しかも、17の目標を達成するための169個のターゲットまであります)

貧困の解消も、人権も、環境も、経済も、全部大事。どれも関連し合っているから、全ての目標達成を目指していくのがSDGsです。

まとめ

SDGsの全身、MDGsでは、どちらかというと貧困の解消がメインでしたが、SDGsで人権や環境問題重点が置かれているように思えますね。このまま経済を優先すると、今まで以上に地球に負荷をかけることになります。経済と環境問題を両立していかないと、私たちに未来はないかもしれません。

地球上の人々が全員、私たち日本人と同じくらしをするのならば、地球が2.5個必要と言われています。私たちは残念ながら、地球の資源を使いすぎてしまっています。SDGsはどこか遠い話と思わずに、できるところから、地球にやさしいくらしをしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました